事業案内

進行中の事業

県営農業水路等長寿命化・防災減災事業

事業目的

水利施設の機能診断に基づき補修更新を行い、機能回復と災害への対応力を強化する。

事業概要

県営農山漁村地域整備交付金水利施設整備事業で行う予定だった水管理システム並びに電気設備更新工事を当事業に乗り換え

事業費 300,000千円
補助率 国55%、県25%、町20%
事業期間(予定) 自 令和元年度
至 令和3年度
工事内容
  • 水管理システム
    分水口、各地区配水池のテレメータによる監視システムをクラウドシステムに更新
  • 電気設備更新
    分水口、各地区配水池の電磁流量計、水位計等を更新

畑総末端施設量水器更新事業

事業目的

畑総末端施設の量水器を更新し、施設の保全を図る。

事業概要

工事内容

平成25年度から、毎年度2地区ずつ末端施設の量水器更新を実施しています。

事業費 未定
補助率 町補助金 + 末端維持費
事業期間(予定) 自 平成25年度
至 令和3年度
地区名 口径 数量 施工年度 備考
沼江・掛谷 φ25 4 42 183 H25 済 累計口
φ40 38 183
久国 φ25 85 141
φ40 56
星谷 φ25 12 59 145 H26 済 328
φ40 47
前川 φ25 85 86
φ40 1
黒岩 φ25 8 28 233 H27 561
φ40 20
生名 φ25 204 205
φ40 1
行示 φ25 54 88 189 H28 750
φ40 34
寺谷・富重 φ25 99 101
φ40 2
石原 φ25 95 95 250 H29 1,000
中山 φ25 154 155
φ40 1
山西 φ25 66 66 132 H30 1,132
沼江東 φ25 65 66
φ40 1
与川内 φ25 62 69 151 R1 1,283
φ40 7
今山 φ25 75 82
φ40 7
中角 φ25 109 109 109 R2 1,392
棚野 φ25 179 179 179 R3 1,571
合計 1,571

φ25=1,356、φ40=215

概要詳細図
※クリックするとPDFファイルが開きます。

県営農山漁村地域整備交付金水利施設整備事業 基幹水利施設保全型

事業目的

水利施設の機能診断とその結果に基づいた補修を行い、施設の高寿命化を図る。

事業概要

調査計画(基幹水利施設診断) … 平成27年度実施、五ヶ年計画策定

旧 県営基幹水利施設ストックマネジメント事業

調査内容
  • 基幹水利施設(南北幹線)調査・診断
  • 南北管水路調査
  • 漏水調査、管内カメラ調査、管厚測定、試掘調査、近接目視調査
    幹線水路延長約15.7km
    支線水路延長約13.0km
  • 取水施設・ろ過施設・各配水池19ヵ所
    テレメータシステム、電気設備その他機能診断
    事業費(採択) 110,000千円
    補助率 国50%、県25%、町25%
    第一期事業期間 自 平成28年度
    至 令和2年度
  • 補修工事施工計画
    施工年度 施工内容
    平成28年度 棚野立川 φ600緊急遮断弁更新(震度・流速感知方式)
    φ250バイパス配管切込み工事(伸縮可とう管含む)
    平成29年度調査設計
    水管理システム(テレメーターシステム更新)及び地質(ボーリング)調査
    平成29年度 φ300南4号水管橋更新(仮設配管工事含む)
    φ150生名東分岐変更
    平成30年度 φ300南4号水管橋更新(平成29年度分残工事)
    令和元年度 南2号水管橋更新(先行配管)
    φ200南部幹線突発事故対応
    φ200久国支線突発事故対応
    令和2年度 南2号水管橋更新(既設管と先行配管の接続)
    導水トンネル内設備補修(ジェットフローゲートバルブ、仕切弁3ヶ所)
    電気設備補修

将来的事業

小水力発電

旧県営基幹水利施設ストックマネジメント 第二期

完了した事業

県営農業水利施設保全合理化事業

事業目的

水管理を合理化・省力化する農業水利施設に付帯する施設の整備を行い、施設の安全性、信頼性を高める。

事業概要

工事内容
  • 空気弁・補修弁更新(南北幹線・支線)《56ヶ所》
  • 配水池水位調整弁更新《13ヶ所》
  • 北部幹線制水弁更新《φ250:1ヶ所》、《φ100:1ヶ所》
空気弁更新
空気弁更新
空気弁更新
空気弁更新
空気弁更新
φ100排泥弁
φ250制水弁
水位調整弁
事業費 4000万円
補助率 国50%、県25%、町25%
事業期間 平成25年度~平成26年度

県営土地改良施設耐震対策事業 勝浦地区

事業目的

土地改良施設耐震対策事業実施要項に基づき、施設の耐震診断を行い必要に応じた耐震対策工事を実施することで、地震による被害の未然防止を図るとともに施設の安全性、信頼性を高める。

事業概要

工事内容
  • 全体実施設計《一式》
  • 耐震型緊急遮断弁《4ヶ所》
  • 配水池流入及び流出管に離脱防止型伸縮可とう管取付《23か所》
耐震型緊急遮断弁(生名)
耐震型緊急遮断弁(生名)バイパス配管
耐震型緊急遮断弁(中山)
耐震型緊急遮断弁(中山)バイパス配管
耐震型緊急遮断弁(沼江)
耐震型緊急遮断弁(沼江)バイパス配管
耐震型緊急遮断弁(今山)
耐震伸縮可とう管
項目 年度
平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度
中山緊急遮断弁-1(北部幹線) 施工完了
今山緊急遮断弁-2(北部幹線) 施工完了
生名緊急遮断弁-1(南部幹線) 施工完了
沼江緊急遮断弁-2(南部幹線) 施工完了
沼江配水池 施工完了
久国配水池 施工完了
黒岩配水池 施工完了
星谷配水池 施工完了
横瀬・前川配水池 施工完了
生名東配水池 施工完了
生名西配水池 施工完了
行示配水池 施工完了
寺谷・富重配水池 施工完了
山西配水池 施工完了
中山東配水池 施工完了
中山西配水池 施工完了
石原配水池 施工完了
今山配水池 施工完了
与川内配水池 施工完了
中角東配水池 施工完了
中角西配水池 施工完了
棚野配水池 施工完了
事業費 1億7910万円
補助率 国50%、県42%、地元8%
事業期間 自 平成17年度(採択年度 平成20年度)
至 平成26年度

県営土地改良施設耐震対策事業詳細表図
クリックするとPDFファイルが開きます。

県営基幹水利施設補修事業

事業概要

本施設は、正木ダムから導水された原水を急速砂ろ過を行い、所定の水質を得て農業用水として送水しているが、原水の富栄養化に伴うろ過閉塞などを改善するための補修事業である。

ろ過池ボーリング調査①
ろ過池ボーリング調査②
ろ過池取水設備制御盤
逆洗水槽
空洗ブロワ設備
逆洗中のろ過槽

工事内容

1. ろ過池内改良工事
◆ 自動弁
  • 原水弁…φ350、電動開閉機付バタフライ弁…4基
  • 浄水弁…φ400、電動開閉機付バタフライ弁…4基
  • 空洗弁
  • 逆洗弁…φ400、電動開閉機付バタフライ弁…4基
  • 排水弁…φ400、電動開閉機付制水扉…4基
  • 逆洗弁…φ200、電動開閉機付バタフライ弁…4基
◆ 洗浄水槽(新設)
  • W=4.0m×H3.5×L11.2m  V=126㎥
◆ 急速ろ過洗浄設備(新設)
逆洗洗浄
  • 型式…逆洗水槽からの自然流下による
  • 洗浄排水トラフ…W450×H450~350×L6,300 12基
  • 逆洗揚水ポンプ…3.7kw×2基
  • 水圧…1.6~3m
  • 洗浄時間…8分間最大
  • 1回水量…115.2㎥/池
空気洗浄
  • 圧力…0.3㎏/㎠
  • 空気量…24.0㎥/分
  • 時間…6分間最大
  • 空洗ポンプ…11kw×2基(200V×60Hz)
◆ ろ過砂入替(4池)
ろ過砂
ろ過池フローシート
上層アンスラサイト
  • 層厚…300㎜
  • 有効径…2.0㎜
  • 平均係数…1.4
下層硅砂
  • 層厚…400㎜
  • 有効径…1.0㎜
  • 平均係数…1.4
ろ過砂利
  • 層厚…500㎜
  • 有効径…2.0~20.0㎜
2. 基幹施設補完工事
  • φ600 水管橋補修
  • 配水池ポンプ施設更新
  • 減圧弁、配水池フロート弁更新
事業費 2億4150万円
補助率 国50%、県25%、地元25%
工事期間 自 平成13年度
至 平成16年度

県営基幹水利施設補修事業

事業概要

県営かんがい排水事業で造成された各施設機器が著しく老朽化しており、その為の機能低下現象で灌漑用水の安定した供給が懸念される。
今回、老朽した各施設機器の補強及び更新を実施し、能力低下した各施設の機能回復及び信頼性、安全性の向上を図る。

ホロージェットバルブ
ジェットフローゲートバルブ
旧ろ過池制御盤
現ろ過池制御盤
貯水槽テレメーター
事務所テレメーター設備

事業概要

工事内容
1. 分水口取水設備補修1. 分水口取水設備補修
  • ジェットフローゲートバルブ・流量計・スライドゲート等
2. 取水量及び配水量遠隔監視システム構築
  • 事務所内CRT監視制御装置据付
  • 各地区配水池流量計及びテレメータ設備据付
  • 自動通報装置構築
事業費 2億2205万円
補助率 国50%、県25%、地元25%
工事期間 自 平成10年度
至 平成12年度

県営畑地帯総合土地改良事業(畑総事業)

事業概要

勝浦町のミカン園500haに農業用水を配水し、灌漑用水とするとともに、農道を整備し農家経済の安定と経営の合理性を図るものとする。
県営かんがい排水事業で埋設した基幹水路から16地区19ヶ所の貯水槽に送水し、そこから各末端施設へ配水する。

貯水槽
末端給水栓

事業概要(末端施設)

受益面積 500ha
関係戸数 731戸
配水池 16池
末端施設口数 1571口(特認含む)
事業費 27億7920万円
補助率 国50%、県25%、地元25%
工事期間 自 昭和47年度
至 平成9年度

農道施設(現在は町道に移管)

路線数 18路線
総延長 13,554m
幅員 3.0m
舗装 コンクリート

同対事業(関連事業)

受益地 33ha
支線水路 580m
配水池 1池
農道 4,476m

県営かんがい排水事業(かん排事業)

事業概要

農業用水の水源は、正木ダムです。正木ダムで取水された水は、発電と共同で導水トンネルを通り分水口まで流れていきます。
ここで発電用とかんがい用に分かれ、かんがい側に流れ込んだ水(最大0.37㎥/sec)はろ過池を経て、勝浦川の南北に幹線水路を施工し、下記の県営畑地帯総合土地改良事業の基幹施設となるものです。

ホロージェットバルブ
北部幹線水管橋(φ600)
緊急遮断弁(φ600)
北部幹線水管橋(φ350)
北部幹線水管橋(φ450)
北部幹線水管橋(φ600)

事業費

受益面積 533ha
組合員 792名
配水池 2池
事業費 11億2038万円
補助率 国50%、県25%、地元25%
工事期間 自 昭和48年度
至 昭和58年度
名称 延長
(m)
通水量
(㎥/s)
型式 勾配 流速
(m/s)
断面積
(mm)
配水池 構造
南部幹線 8689.04 0.149
~0.024
圧力型管水路 640/1000
~0
0.947
~0.749
φ400
~φ150
1池 ダグタイル鋳鉄管及び硬質塩ビ管
北部幹線 7007.02 0.37
~0.041
圧力型管水路 680/1000
~0
0.978
~0.718
φ600
~φ250
1池 ダクタイル鋳鉄管

県営かんがい排水事業(かん排事業)詳細表図
クリックするとPDFファイルが開きます。

畑総事業進捗状況

畑かん末端施設工事地区別進捗状況

年度
地区
1986
S.61
1987
S.62
1988
S.63
1989
H.元
1990
H.2
1991
H.3
1992
H.4
1993
H.5
1994
H.6
1995
H.7
1996
H.8
戸数1 口数1 戸数2 口数2
沼・掛
地区
測試 工事完了 29 39 26 36 -3 -3
久国
地区
測試 工事完了 63 104 68 96 5 -8
黒岩
地区
測試 工事 工事 工事完了 26 36 19 28 -7 -8
星谷
地区
測試
繰越
工事
工事完了 33 58 28 50 -5 -8
前川
地区
測試 工事完了 47 59 45 58 -2 -1
生名
地区
測試工事 工事 工事完了 158 206 151 196 -7 -10
行示
地区
測試 工事 工事完了 59 83 57 88 -2 5
寺・富
地区
測試 工事 工事完了 88 106 75 92 -13 -14
前川Ⅱ
地区
測試 工事完了 25 27 22 24 -3 -3
山西
地区
測試 工事 工事完了 54 66 53 64 -1 -2
中山
地区
測試 工事 工事完了 133 155 128 149 -5 -6
石原
地区
測試 工事 工事完了 61 95 59 91 -2 -4
今山
地区
測試 工事 工事 工事完了 73 82 69 78 -4 -4
与川内
地区
測試 工事 工事完了 58 63 56 63 -2 0
沼江東
地区
測試 工事 工事 工事完了 47 66 49 66 2 0
中角
地区
測試 工事 工事 工事 工事完了 84 109 77 99 -7 -10
棚野
地区
測試 工事 工事 工事完了 165 179 158 170 -7 -9
久国Ⅱ
地区
測試
工事
完了
23 23 22 23 -1 0
合計 1,226 1,556 1,162 1,471 -64 -85

※ 戸数2、口数2はH24.1.1現の数字

畑かん末端施設工事地区別進捗状況図
クリックするとPDFファイルが開きます。

畑総事業農道路線一覧表

地域 路線名 延長 路線番号 変更路線名 延長 延長差
与川内 寺谷線 1,472.0m 312 与川内押栗線 1,101.4m 132.8m
313 与川内押栗支線 237.8m
寺谷支線 800.0m 314 与川内中道第2支線 642.5m 157.5m
四五谷線 928.5m 315 与川内四五谷線 906.0m 22.5m
中山 神谷線 352.0m 91 中山上路線(一部町道変更済み) 194.0m 158.0m
神谷支線 140.0m 316 中山上路第2支線 111.5m 28.5m
平線 347.0m 87 中山猪谷線(町道変更済み) 347.0m
内鉦線 556.5m 92 中山神谷線(町道変更済み) 556.5m
星谷 二ツ森線 434.0m 317 星谷梶谷線 337.4m 96.6m
二ツ森支線 253.1m 318 星谷梶谷第1支線 124.0m 5.0m
319 星谷梶谷第2支線 124.1m
今山 今山中央線 1,414.0m 320 今山尾畠宮首線 2,089.7m -675.7m
平石線 1,053.0m 321 今山平石線 1,025.3m 27.7m
今山井出線 210.0m 322 今山井出線 205.2m 4.8m
今山2号支線 1,879.0m 323 今山尾畠線 431.1m 989.5m
324 今山高尾線 458.4m
折宇線 245.0m 325 今山高尾支線 248.8m -3.8m
山路線 377.0m 326 今山山路線 695.8m -318.8m
今山中央線その2 360.0m 21 今山寺前線 338.7m 21.3m
棚野
久国
大谷線 556.0m 70 棚野石倉線(一部町道変更済み) 62.4m 493.6m
大谷支線 219.6m 245 久国内金線(町道変更済み) 219.6m
桧滝線 422.95m 70 棚野石倉線(一部町道変更済み) 100.0m 322.95m
棚野線 218.4m 76 棚野大谷線(一部町道変更済み) 221.4m -3.0m
横瀬 横瀬線 229.0m 101 横瀬奥の坊線 255.0m -26.0m
中角 中角西線 924.0m 49 中角西山西線(一部町道変更済み) 967.7m 119.8m
中角線 163.5m
合計延長 13,554.55m 10,878.2m 2,676.35m
変更路線延長+延長差合計 13,554.55m

平成22年11月30日 県から町へ財産譲渡
平成22年12月28日 町道編入

畑総事業農道路線一覧表図
クリックするとPDFファイルが開きます。

PageTop